カンナビノイド原料・商品の分析検査サービスの流れ

弊社『ウェルネスキット株式会社(以下ウェルネスキット)』は、2022年3月5日より、新サービス『カンナビノイド原料・商品の分析検査』サービスを開始いたしましたので、お知らせいたします。

<展開サービス>
▶︎カンナビノイド原料・商品の分析検査

CBDオイルとは、大麻(麻)に含まれたカンナビノイドと呼ばれる有用成分の一つ。

近年、カラダの神経・免疫調節成分をサポートする健康サプリとして、ウェルネス志向の欧米で広まり、日本でも話題になりつつあります。

大麻取締法にも抵触しない合法商品であり、CBDビジネスへの参入者も増えていますが、小売店や消費者の品質を見る目も厳しくなっています。

「あの商品は本当に、THC(テトラヒドロカンナビノール=日本では規制成分)は含まれていないのか?」

「本当に表示通りのCBDが含有されているのか?」

「サイトに成分分析表が掲載されていなくて怪しい」

SNSやグループチャットでは、このような声も見かけるようになりました。

<参考>
▶︎ CBDオイルの輸入方法を丸ごと解説(CBD Library:当社運営サイト)

本サービスは、こうした状況を受けてアメリカの第三者分析検査機関による、カンナビノイド原料・商品の定量分析検査を取次・受託するサービスです。

検体となる原料や商品をお送りいただければ、依頼主名義のCOA(Certificate of analysis)と呼ばれる成分分析表を納品いたします。

特に下記にあてはまるCBDブランド・輸入者には、悩み解決の一歩となるはずです。

  • 海外メーカー(あるいは輸入者)から提供を受けたCOAが問題ないか?ダブルチェックしたい
  • 原料のCOAはあるが、加工済みの最終商品のCOAがない
  • 第三者機関の分析検査を受けている事実を、卸先や消費者に対する信頼の証明としたい
  • サンプル商品で成分内容に問題ないか?確証を得てから正式発注したい

CBD(カンナビジオール)の正規輸入に、COAは必須です。

たとえメーカーからCOAの提供を受けても、後からTHC(テトラヒドロカンナビノール)が検出されたり、表示通りのCBDが含有されていなかったら、責任と信頼を問われるのは貴社になります。

コンプライアンス面だけでなく、広報・マーケティング面でも信頼性アップとなるサービスです。

なお、THCが厳しく規制されている日本では、標準品がないため、事実上CBD/THCの定量分析検査できる機関はありません。

自社名義のCOAを発行をご希望される場合も、海外の分析検査機関に依頼する必要があります。

ぜひ当サービスをその受け皿としてご活用ください。

すでに展開済みの輸入支援サービスと合わせて、一気通貫のサポートが可能です。

<参考>
▶︎ カンナビノイド原料・商品の輸入支援サービス(CBD Library:当社運営サイト)
▶︎ CBDオイルの輸入方法を丸ごと解説(CBD Library:当社運営サイト)

 

『カンナビノイド原料・商品の分析検査』サービスの概要

分析検査対象 カンナビノイド:CBD・THC(Δ8-THC・Δ9-THC)・CBN・CBG・CBC・CBDA・CBDV・CBDVA・CBGA・CBNA・CBCA・CBL・THCA・THCV・THCVA)

※原料、加工済みの最終商品いずれも可能です

※微生物・残留農薬・残留溶媒・重金属・マイコトキシン・テルペン等の分析検査は、別途見積です

料金 ¥33,000(国際送料込、税込)
検査機関
  • KDA(カンザス農務省)ライセンス取得
  • DEA(アメリカ麻薬取締局)登録検査機関
  • ISO17025認証取得
  • 10,000件/年以上の検査実績
  • マサチューセッツ州・ペンシルバニア州・ニューヨーク州の規制検査実施
  • GCMS(ガスクロマトグラフ質量分析計)・HPLC(高速液体クロマトグラフ質量分析)・LCMS(液体クロマトグラフ質量分析)対応
納品物 貴社名義のCOAデータをメール納品

※LOQ(定量限界値)やLOD(検出限界値)は、検体により異なります。

※お送りいただいた検体は返却いたしません

納期 2〜3週間

※分析検査機関や配送業者等の取引先事情で、対応が遅れる場合がございます

必要検体量 原料:5g

加工済みの最終商品:個別対応

※ご支援にあたり、提携パートナーが関わる場合がございます。

 

検査をご希望の方は、直接メールアドレス(info#wellness-kit.co.jp)またはお電話(03-6403-7751)へご連絡くださいますようお願い申し上げます。

※メールアドレスの#は@(アットマーク)に置き換えて下さい

 

関連するお知らせ