世界最大級の大麻(麻)エキスポ『Cannafest2023』風景

弊社『ウェルネスキット株式会社(以下ウェルネスキット)』は、2023年11月3日〜5日に、ヨーロッパ最大規模の大麻(麻)エキスポ『Cannafest 2023』に日本企業として初出展することになりましたので、お知らせいたします。

<出展イベント>
▶︎ ヨーロッパ最大規模の大麻(麻)エキスポ『Cannafest 2023

ウェルネスキットは、大麻(麻)に含まれたカンナビノイドと呼ばれる有用成分の一つ、CBDに関するメディアを運営しています。

CBDだけでなく、大麻にもアンテナを張り、発信していく中で、日本の大麻の歴史と文化が、世界に通用する価値と可能性を持っていると確信するに至りました。

事実、日本人と大麻の関わりは、1万2,000年前にもさかのぼり、稲作よりも早くから栽培(福井県鳥浜遺跡から出土の痕跡)されていたことが分かっています。

平安〜鎌倉時代には、麻の葉文様が誕生(伝統的な和柄として、仏像や衣服に使われます。アニメ『鬼滅の刃』のヒロイン、禰豆子の着物もこの柄です)。

江戸時代には三草(紅花・藍・麻)の一つに数えられ、丈夫で夏涼しく、冬暖かい、機能性素材として栽培を奨励されてきました。

1886年には公的医薬品として承認され、当時の医薬品の規格基準書「日本薬局方」に収載されていたほどです。

しかし1948年の終戦後、GHQ占領下で強制的に制定された「大麻取締法」に基づき規制方針へ転換。

現在も「ダメ。ゼッタイ。」の薬物乱用防止キャンペーン標語の元、危険ドラッグの一つとして注意喚起され続けています。

国内における正しい知識啓蒙は大事ですが、それだけではつまらない。

私たちが感じる日本独自の大麻文化と歴史をグローバル視点で海外にも広めたい。

そんな想いで、大麻産業の歴史が長いヨーロッパへのアプローチを試みました。

その結果の一つがヨーロッパ最大規模にして、13回の歴史を誇る『Cannafest 2023』への出展です。

 

ヨーロッパ最大規模の大麻(麻)エキスポ『Cannafest 2023』

ドイツの『メリージェーン』、スペインの『スパンナビス』に並ぶ、ヨーロッパ三大大麻(麻)エキスポの一つで、世界最大級の規模を誇り、今年で13回目を迎えます。

開催地チェコの首都プラハは「ヨーロッパのヘソ」と呼ばれる通り、名実ともに中心地に位置した都市。

産業用大麻ビジネス・自由主義・自然回帰など、大麻文化が根付いた国としても知られています。

ヨーロッパの大麻業界の中では、常に人気トップにあげられる場所です。

世界最大級の大麻(麻)エキスポ『Cannafest2023』風景

イベント名 Cannafest 2023
開催日 2023年11月3日〜5日:11:00〜20:00(最終日は18:00まで)
開催場所 PVA EXPO PRAHA(チェコ:プラハ)
入場料 ・1日券:前売200CZK/8€、当日券250CZK/10€

・3日通し券:前売300CZK/12€、当日券400CZK/16€ユーロ

※チケットの譲渡は不可
※65歳以上の方、障がい者は入場無料。

内容

・世界中から大麻関連事業者が集い、CBDオイルや食品・化粧品・衣服のほか、栽培器具や肥料・種・喫煙用具・ヴェポライザー(蒸気吸入器)など、幅広い商品が出展されます

・知識啓蒙メディアや、大麻を自然資源として利用する企業、医療大麻合法化団体による、様々なテーマのカンファレンスも開催されます

URL https://www.cannafest.com/en/
主催 Cannafest, s.r.o.

ウェルネスキット株式会社は、日本企業として初めて同イベントに出展し、日本の伝統工芸と大麻を組み合わせた革新的な商品の出品とPRをいたします。

<海外リリース>
▶︎ [Kyoto Asanoha]A challenge from Japan with strict cannabis regulations – Cannafest 2023, Europe’s largest cannabis (hemp) expo